ドローンを中心としたメカトロ自作品の紹介

メカトロDIYチャレンジ(Mechatro DIY Challenge)

Arduino

ステッピングモーター28BYJ-48をArduino Unoで複数同時に動かす方法

更新日:

28BYJ-48は電子工作やる人が最初に手にするステッピングモーターの筆頭だと思うんですが、一台以上動かす場合どんな構成にすればいいのかの情報が少なかったので覚書として残します

~1台

・28BYJ-48(無改造)+ULN2003ドライバ
定格電流的にギリギリだが、基本的にマイコンの電力で動作可能。
一番簡単です。電力がギリギリなので環境的に推奨されていないですがマイコンボードとドライバがあれば動きます(一応自己責任でお願いします)。

2~3台

・28BYJ-48(無改造)+ULN2003ドライバ+外部電源
 電流不足になるので、外部電源が必要。
 モーター1台当たり4本のデジタル線が必要なので、3台で飽和する。

~6台

・28BYJ-48(改造)+A4988ドライバ+外部電源
 電流不足になるので、外部電源が必要
28BYJ-48を改造(後述)して、バイポーラにする(バイポーラ用のドライバであるA4988が使用可能になる)。
A4988は信号線は2本で済むので、デジタルのみでも約6台のコントロールが可能。

6台以上

未確認

-Arduino

Copyright© メカトロDIYチャレンジ(Mechatro DIY Challenge) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.